飲食店の「お通し」文化

日本の居酒屋やレストランでは「お通し」というシステムがあります。
注文した料理ができる前に出てくる小皿料理(料金は300円程度)のことです。
「料理が出てくるまで楽しむ料理」「お店のチャージ料」など、お通しの提供理由は諸説あります。
「頼んでもいないのに料理が来て、さらにお金を払うのはなんで?」と疑問に思う前に、知っておきたい日本の文化です。



関連記事

  1. チップは不要

    チップは不要

  2. 食べ飲み放題

    食べ放題・飲み放題

  3. 炭火串焼厨房 くふ楽 銀座店

    持込禁止

  4. おしぼり

    おしぼり

  5. 水

    水とお茶は無料